« メロンが枯れたり割れたり | トップページ | 川岸殴魚「人生 第8章」 »

2014年7月6日 赤兎山(1,628m)

ずっと行こうと思いつつ路面情況が不安だったり、時期を逃したりで行かず仕舞いだった赤兎山に行ってきた。天気はあまりよさそうではなかったが、降りそうだったら福井観光に切り替えるくらいのつもりである。名神から北陸高速に入る頃には時おり晴れ間ものぞくようになりとりあえずは一安心。小原登山口へと向かう道は細くてガードレールもないのでおっかなびっくり走らせる。登山口の駐車場は九割方埋まっていて人気が高い山であることをうかがわせる。
20140706a登山口から小原峠までは三回渡渉があるがとくに危険なところもない道である。小原峠から赤兎山頂までは木の根が張ったやや急な登りになっていて、このところの雨でぬかるんでいるので気を使う。ところどころで視界が開けると大長山と思われる山が見える。白山あたりの山々も見えるが、雲が被っているのでどれがどの山だかわからない。
20140706b赤兎山頂では写真だけ撮って、本日の目的である赤兎平へと向かう。ニッコウキスゲが咲き誇る高層湿原である。完全にガスっていて見晴らしはよくないが、花と湿原を眺めるにはこれもまたよし。
展望地と呼ばれているらしいところで大勢の登山客とともに適当に行動食で腹を満たして、来た道を引き返す。でも、やっぱり白山ちゃんと見たかったなあ。天気がよさそうなときにもう一度来よう。
参考までにコースタイム。休憩時間は含まない。
小原登山口駐車場-(55分)-小原峠-(45分)-赤兎山山頂-(30分)-展望地-(30分)-赤兎山山頂-(45分)-小原峠-(55分)-小原登山口駐車場

|

« メロンが枯れたり割れたり | トップページ | 川岸殴魚「人生 第8章」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年7月6日 赤兎山(1,628m):

« メロンが枯れたり割れたり | トップページ | 川岸殴魚「人生 第8章」 »