« 聴猫芝居「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.2」 | トップページ | 畠中恵「いっちばん」 »

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION

2013年7月期のアニメの感想。六本目は「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION」。
ネタ元がゲームらしいということは知っていたが、それ以上の予備知識なしで見始めたので、ポップで残虐な設定にびっくりした。そこにもってきて、モノクマの声が大山のぶ代。ハマり役過ぎだろう。次にドラえもん見たら、間違いなく感じ方が変わっちゃうなあ。
殺人事件が起こって、その犯人を学級裁判であぶりだすという、ミステリの形態をとっているものの、謎解きそのものはあまり重要ではなさそうに思う。謎解きに対するキャラクターの反応を見て楽しむのがいいんじゃないのかな。
惜しいのは超高校級のなんとか、ってのがキャラ付けだけで終わって、あまりストーリに生かされなかったところ。葉隠あたりはもう少し役に立つのかと思ってたのになあ。

|

« 聴猫芝居「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.2」 | トップページ | 畠中恵「いっちばん」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION:

« 聴猫芝居「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.2」 | トップページ | 畠中恵「いっちばん」 »