« 革命機ヴァルヴレイヴ | トップページ | 畠中恵「つくもがみ貸します」 »

村上凛「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 8」

長谷川に告白した主人公だが、返事を保留されたため振られたと思い込み、すっかり落ち込んでしまう。そのままどんよりどよどよとした話になるわけはなく、そんな主人公を見かねてまわりの女の子たちが元気付けようとあれこれしてくれる。結果として、いつもよりもさらにハーレム色が強まってしまった。長谷川も一瞬だけヒロインらしくなったのに、また空気に逆戻りである。一方の恋ヶ崎もに主人公を意識しまくっているものの、すっかり身を引いてしまっている。主人公はといえば、恋ヶ崎を異性として意識しているという自覚はあるようだが、恋ヶ崎の気持ちにはまったく気が付かないまま。というか、すべての人間の気持ちがわからないキャラなんだけどね。そんなわけで、にぎやかなわりには全然話が進まない。長谷川、恋ヶ崎、主人公のうちで誰が一番最初にしびれを切らすかっていう、ところがこれからの見所か。

|

« 革命機ヴァルヴレイヴ | トップページ | 畠中恵「つくもがみ貸します」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上凛「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 8」:

« 革命機ヴァルヴレイヴ | トップページ | 畠中恵「つくもがみ貸します」 »