« 裕時悠示「踊る星降るレネシクル 5」 | トップページ | 2013年5月のお買い物勝ち負け表 »

伏見つかさ「エロマンガ先生 2 妹と世界で一番面白い小説」

二シリーズ続けて妹モノってのもどうしたもんだろうなあと思っていたけど、二巻になって調子が出てきたようで、ずいぶんおもしろくなってきた。こちらが慣れただけかもしれないけど。
今回は前半で既出キャラのフォローをしておいて、後半で新キャラを登場させている。既出キャラでは山田エルフ先生のアホっぽさと俗っぽさのハイレベルな融合が素晴らしい。電車で読んでいて、あのイラストが出たときは何事、ってい感じだったけど。人目が気になってドキドキしちゃうじゃないか。めぐみはあいかわらずだなあって感じ。エロマンガ先生の変態さを引き出すためだけに出てきたんじゃないだろうか。というか、エロマンガ先生、なんでそんなにパンツが好きなんだ。後半の新キャラってのは、口絵イラストでも伏せられているから書かないけど、今後もいろいろからんでくるんだろうなあ。そしてやはりエロマンガ先生の毒牙にかかるんだろうなあ。

|

« 裕時悠示「踊る星降るレネシクル 5」 | トップページ | 2013年5月のお買い物勝ち負け表 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伏見つかさ「エロマンガ先生 2 妹と世界で一番面白い小説」:

« 裕時悠示「踊る星降るレネシクル 5」 | トップページ | 2013年5月のお買い物勝ち負け表 »