« 2014年5月11日 富士見台高原(1,739m) | トップページ | 2013年4月のお買い物勝ち負け表 »

野村美月「"藤壺" ヒカルが地球にいたころ……(10)」

これで最終巻。もっとドロドロした話になるのかと思っていたら、思いのほかあっさり終わってしまった。みちるがどこまでひどいことをしでかすのかと思っていたのに、なんだか腰砕けになっちゃうし。一朱でさえああなっちゃうんだから、もともと善良なみちるなんて、あのくらいが精一杯なんだろうとは思うけど。藤乃はこれまでのヒロインたちと比べるとひねくれていることもなく、ただ一途なだけだし。きれいな終わり方で読後感もいいんだけど、何か物足らないような気がしちゃうんだよねえ。ヒロインたちのエピローグもそういった印象を強めている。まあ、しかし、帆夏には素直におめでとうといっておきたい。琴吹さんの分までしあわせになってくれ。

|

« 2014年5月11日 富士見台高原(1,739m) | トップページ | 2013年4月のお買い物勝ち負け表 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野村美月「"藤壺" ヒカルが地球にいたころ……(10)」:

« 2014年5月11日 富士見台高原(1,739m) | トップページ | 2013年4月のお買い物勝ち負け表 »