« 森岡浩之「星界の断章 III」 | トップページ | 竜ノ湖太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? 落陽、そして墜月」 »

火星が大接近ということで

20140414aいつも月曜日は眠いし、目が痛くなるほど疲れるしで、とっとと帰ってくるのだが、夕刊を見たら火星大接近という記事が。そうか~とそのときは思っただけだったが、ちょっと後になって写真を撮っておこうという気になった。天体が相手なら無限遠で撮ればいいから、目が疲れていてもあまり支障にはならない。レンズは唯一の望遠レンズになってしまったVario-Sonnar T* 80-200mm F4に、カメラはE-30。さすがに手振れ補正には頼れないだろうから、足のしなりをほとんど無視できるミニ三脚を持ち出した。
20140414bで、暗い中でごそごそやっていたら、そもそも手振れ補正がオフになったままということに気が付いた。ということは、セツブンソウもザゼンソウも手振れ補正オフで撮っていたということか。E-30で撮ってた意味ねえ~。
気を取り直して、撮影。ミニ三脚ではどうしても固定し切れなくてブレているのはともかくとして、Vario-Sonnarってフレアこんなに出るんだねえ。これまであまり気が付かなかったけど、これからは気をつけるようにしよう。
そのうち雲が出てきて、うまいぐあいに月だけが隠れてくれたところで一枚。ブレは大きくなっているけど、これでよしとしておこう。
20140414cと思ってたけど、これ書いているうちにひとつ思いついた。このフレア、フィルタのせいじゃねえの。普段はフィルタを付けない派なんだけど、Vario-Sonnarは修理が効かないだろうからってんで、中古のフィルタを付けてあるのだ。で、フィルタ外して撮りなおして見た。今度のは手振れ補正をオンにして、手持ち。ブレてはいるものの意外と撮れる。気になっていたフレアは消失していた。

|

« 森岡浩之「星界の断章 III」 | トップページ | 竜ノ湖太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? 落陽、そして墜月」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火星が大接近ということで:

« 森岡浩之「星界の断章 III」 | トップページ | 竜ノ湖太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? 落陽、そして墜月」 »