« 犬村小六「とある飛空士への誓約 5」 | トップページ | 逢空万太「這いよれ!ニャル子さん 12」 »

鈴木大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 11」

見事なまでにぐたぐだの展開だねえ。作者が書き流しているだけならともかく、ちゃんと編集通してこのレベルってどういうことだか。もしかして、こういうのがおもしろいと思ってるとか。わりとこの作者に対しては好意的に評価しているつもりだけど、10巻、11巻と巻を重ねるにしたがってますますダメになっている。主人公の頭のネジが飛んじゃったままストーリだけが続いているように思う。おかしくなったのは、銀兵衛に告白させたあたりからか。仮にここから持ち直したとしても、この巻あたりで見切りを付ける読者も多いんだろうなあ。KONKONはもう一巻だけ付き合うつもりだから、なんとかしてくれんかな。主人公がちゃんと自分の気持ちに向き合えれば、しっかりすると思うんだけどな。ま、その時点でシリーズも終わっちゃうだろうけど。

|

« 犬村小六「とある飛空士への誓約 5」 | トップページ | 逢空万太「這いよれ!ニャル子さん 12」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 11」:

« 犬村小六「とある飛空士への誓約 5」 | トップページ | 逢空万太「這いよれ!ニャル子さん 12」 »