« 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 3」 | トップページ | 川原礫「アクセル・ワールド 16 白雪姫の微睡」 »

変態王子と笑わない猫。

2013年4月期のアニメの感想。十本目は「変態王子と笑わない猫。」。
原作よりもだいぶ薄味な気がする。主人公の変態的発言もそうだし、鋼鉄さんの残念っぷりもそうだし。小豆梓は存在自体が薄くなっているような。薄いのはキャラクタだけではなく、シチュエーションもそう。洪水の話とかイタリア化した後者の話とかは、もっと大変なことになっていたはずなのに、アニメではわりとさらっと流されている。そんな中で、筒隠月子だけは、原作っぽい雰囲気。声が付いた分、原作よりも雰囲気が出てるといってもいいかも。声といえば、「刀語」見た後でこれ見たせいで、鋼鉄さんに奇策師がオーバラップして、なんだか変な感じだった。

|

« 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 3」 | トップページ | 川原礫「アクセル・ワールド 16 白雪姫の微睡」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変態王子と笑わない猫。:

« 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 3」 | トップページ | 川原礫「アクセル・ワールド 16 白雪姫の微睡」 »