« Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S購入 | トップページ | 海堂尊「ナイチンゲールの沈黙(上)(下)」 »

石雲寺のセツブンソウを見に行った

天気もいいし、マクロレンズも手に入れたし、ということで石雲寺のセツブンソウを見に行った。当初は、鳳来峡IC三ケ日ジャンクションから向こうが雪で通行止めになっていて、やむなく豊川ICから国道151号線を北上した。このあたりは意外なほど雪が少なくて、高速道路の通行止めってどのくらい降ったのかなあと疑問に思うくらいである。
20140209a石雲寺は思っていたよりもずっと小さなお寺で、こういうことでもない限り、どこにでもある普通のお寺といった風情である。観光客もそれほどいなくて拍子抜けしたくらい。「節分草まつり」というものが開催されているが、これもこじんまりとした出店がでているくらいで、お祭りということばから連想するような喧騒とは程遠い。そんな平穏な環境ではあるのだが、撮影に来ているひとたちがポイントポイントで粘ってるもんだから、なんとも目障りである。ああならないように気をつけて撮ったつもりだが、端から見てれば似たようなものなんたろうなあと思う。
20140209bAi Micro-Nikkor 55mm f/2.8S + NEX-5Nの1枚目。NEXのMFアシスト機能のおかげでわりと合わせやすい。ボディ側に手振れ防止機能がないNEXだから、これくらいの焦点距離のほうが使いやすいのだが、ここのセツブンソウはわりと奥まったところに咲いていて、順路上に設けてある柵の手前から撮ろうと思うと、もっと長いのが欲しい。
20140209cそこで、手振れ防止機能付きのE-30にVario-Sonnar T* 80-200mm F4を組み合わせてみた。MF時の拡大機能は付いているんだけど、このくらいの望遠で液晶を見るような構え方だと、画像がぶれてしまい、あまり使い物にならない。そのまま撮っても、手振れ防止機能では抑えきれない手振れが発生する。かといって、光学ファインダだとピントの山がつかみにくいし。
20140209dAi Micro-Nikkor 55mm f/2.8Sの2枚目。ひそかに雪にセツブンソウっていう構図も狙っていたんだけど、このくらいしか雪が残っていなかった。

|

« Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S購入 | トップページ | 海堂尊「ナイチンゲールの沈黙(上)(下)」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石雲寺のセツブンソウを見に行った:

« Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S購入 | トップページ | 海堂尊「ナイチンゲールの沈黙(上)(下)」 »