« 鈴木大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 10」 | トップページ | 俺の妹がこんなに 可愛いわけがない。第二期 »

後藤祐迅「つきツキ! 8」

表紙イラストを見て、これ誰だって一瞬とまどったが、正解に至って、ポンっと手を打った。しのむんじゃないか。一見さんならだませるだろうが、このシリーズの読者なすぐにわかるんだろうなあ。それだけ、文章のイメージとイラストが近いということで、いいタッグなんじゃないだろうか。
今回は、体育祭での主人公の女装話をまじええつつ、メインはかおるんと聖の話。過去のわだかまりは解け、姉妹のように接するようになったはずのふたりだったが、どうやらかおるんは何か思うところがあるようで、五行家を離れて主人公の家でメイドという名の居候を始める。もちろん、主人公へのセクハラは忘れない。それに刺激されたルナも主人公への性的アピールを敢行。ひさしぶりにルナの出番が多い回となっている。とはいえ、ポジション的にはエロ担当、あるいは女王様といったところで、本来メインヒロインのはずの彼女がこんなことでいいのかなあという思いは深まるばかりである。

|

« 鈴木大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 10」 | トップページ | 俺の妹がこんなに 可愛いわけがない。第二期 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後藤祐迅「つきツキ! 8」:

« 鈴木大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 10」 | トップページ | 俺の妹がこんなに 可愛いわけがない。第二期 »