« data hp vault x510 捨てるしかない | トップページ | 2014年3月の購入予定物件 »

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖 5 栞子さんと繫がりの時」

主人公が栞子さんに告白して、その返事を待っている間のできごとがいくつか語られている。断章が挟まっていて少し構成を変えているけれど、やってることはいつもの「ビブリア古書堂」。正直いって、栞子さんが主人公に惹かれていく過程とか、心を開いていくきっかけみたいなものはよくわからない。いっしょにいるうちになんとなく惹かれあうみたいにしか思えない。その一方で、栞子さんが自分の母と同じようになってしまうと心配しいてる理由もよくわからない。肉親で性向が似ているからって同じようなことをするなんてのは、考えすぎのように思う。こういうことはそういうもんだと思って読んでればいいのかなあ。そんなに読み方が甘いとも思えないんだけど。

|

« data hp vault x510 捨てるしかない | トップページ | 2014年3月の購入予定物件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三上延「ビブリア古書堂の事件手帖 5 栞子さんと繫がりの時」:

« data hp vault x510 捨てるしかない | トップページ | 2014年3月の購入予定物件 »