« 京セラのCONTAXカタログ | トップページ | 最近の農作業 »

DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION

2013年4月期のアニメの感想。四本目は「DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION」。
ほとんどノーマークだったんだけど、見始めてみたら1話目から引き込まれた。悪魔を使役して人類を滅ぼそうとする神と戦うなんて話をちゃんと見せてくれたってのが素晴らしい。このご時勢、中二病的なものはネタにしかならないって思われていそうなのに。原作付きだからできたんだろうね。原作のRPGがしらないけど、一度やってみたくなった。ヤスダスズヒト原案のキャラクタもよかった。出てくる女性キャラが無駄にエロいし。大阪のダンサーのお姉ちゃんの服なんかどうやって固定してるか謎だし、研究者のひとはなぜかチャイナ服着用。
それはそうと主人公のウサ耳フードは、キングゲイナーだよね、あれ。ストーリ展開もちょっとそれっぽいところがあったし。セプテントリオンはエヴァの使徒かなあ。まあ、いろいろな先行作品に影響を受けてるのは確かだけど、全体としては別物になってるし、ちゃんとおもしろいから、これでよし。

|

« 京セラのCONTAXカタログ | トップページ | 最近の農作業 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION:

« 京セラのCONTAXカタログ | トップページ | 最近の農作業 »