« 左京潤「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 5」 | トップページ | PHILIPS Fidelio S2BK »

村上凛「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 6」

このシリーズを読むと、これでもまだリア充にしてくれというのか、とうんざりしてしまうのだが、この巻も主人公のモテっぷりがひどい。一応、桜井さんに嫌われちゃったかと悩んでいたりはするものの、読者サイドから見れば、桜井さんの真意は見え見え。どういう経緯をたどるかにしろ、主人公が嫌われているという結末だけは見えなかった。
ムラサキさんがらみでは、主人公がお泊りしたことがバレたり、ムラサキさんの交友関係で彼女の意外な面が見えたりと、着々とムラサキさんヒロイン化は進みつつある。
ヒロインといえば、正ヒロインたる長谷川さんは、今回も薄っすらとした交流しかなく、このひとがちゃんとポジションに見合った活躍をする日がくるんだろうかと心配になる。と思っていたら、ラスト近くでは意外な展開が。次の巻はようやく長谷川さん回になるのか。

|

« 左京潤「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 5」 | トップページ | PHILIPS Fidelio S2BK »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上凛「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 6」:

« 左京潤「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 5」 | トップページ | PHILIPS Fidelio S2BK »