« 2013年12月の購入予定物件《文庫版》 | トップページ | 忘年会シーズン開始 »

アサウラ「ベン・トー 11」

もう一冊出るみたいだけど、実質的には最終回っていう流れだった。
バレンタインデーの夜以降、槍水と佐藤がなんだかぎくしゃくして、どちらもすっかりへたれてしまい、存続の危機を迎えたHP同好会を救おうと立ち上がったのは意外にも白粉花そのひとであった。という、これまでの白粉とはまるでひとの違ったような格好よさである。ちょっとそれ、チートだろというような能力で魔導士を追い詰めるが、前線むなしく破れてしまう。ずたぼろになった白粉を見てだまってはいられないのは、もちろん白梅様である。ことの次第を聞きだした白梅様は、HP同好会を白粉の望む姿に戻すよう佐藤に発破をかける。ここにきてついに白梅様と共闘か~、と思うと胸が熱くなるが、狼ではない白梅様だけでは残念ながら力不足。そこで協力を仰いだのオルトロスと二階堂。打倒魔導士を宣言し、スーパーを転戦する佐藤たちのうわさに、各地の狼たちも集まり始め、といういかにも最終回っぽい盛り上げ方をしてくれる。セガネタもしっかり仕込んであってストーリとのからみが素晴らしい。白梅様や梗もよかったけど、いつもより一歩引いた著莪が心に残る。佐藤め~、恵まれてやがんなあ。

|

« 2013年12月の購入予定物件《文庫版》 | トップページ | 忘年会シーズン開始 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アサウラ「ベン・トー 11」:

« 2013年12月の購入予定物件《文庫版》 | トップページ | 忘年会シーズン開始 »