« 2013年11月9日 奈良井宿 | トップページ | さがら総「変態王子と笑わない猫。 7」 »

エクストレイルが来た

来たといっても納車費用をけちったから取りに行ったんだけど。エクストレイルGTSが来た。天気が悪かったので、ドライブには行かずにそのあたりをうろうろ走っただけだけど、簡単に感想など。
まず一番関心があったディーゼルターボエンジンは、ATの試乗車にくらべてよりディーゼルっぽい音が大きい。AT仕様は専用のチューニングだかデチューンだかをされているらしいので、そのせいかもしれない。出足は試乗車よりももたつかないように思えるが、このあたりはマニュアルなのでそういう気になっているだけということもありうる。どちらにしてもRX-8の極低速域の神経質さにくらべれば、楽ちん過ぎるのは間違いない。
心配していたシフトフィールは、可もなく不可もなく。もちろんRX-8とは比較できるようなレベルではないが、シフトストロークは大きいもののそんなに引っ掛かりを感じるようなこともなく、特に悪いとも感じなかった。ただ、6速ってのが思ったよりも忙しい。ちょっとスピードが乗るとすぐにシフトアップしたくなるので、市街地走行だと左手が休まる暇がないという感じだ。あと、普通とは逆側にあるRポジションがまずい。今日もRに入れるつもりで6速に入れたことが数回あった。慣れるまでは用心してかからないと。
走っていて思うのは、わりと普通の乗用車だなあということ。ディーゼルエンジンのトルクもいわれているほど強大さは感じないし、取り回しも重量の割には軽く感じる。乗り心地も意外なほど乗用車っぽいし。実際にラフロードに入らない限り、視点が高い乗用車と思っていればいいような気がしてきた。車体の大きさは車庫入れなんかでは気になるものの、視界が開けていて角ばったボディなので見切りも付けやすい。本当に狭い道に入り込みさえしなければ、なんとかなりそうに思う。
スピーカをオプションのグレードアップスピーカに付け替えたので、それも気になっていたんだけど、標準のがわからないから何ともいえない。RX-8にはBOSEのシステムが付いていて、乗っているときはたいしてよくないなあとかうそぶいていたんだけど、あれにくらべると明らかに音が悪い。クルマのオーディオにはあまりこりたくないから、ここは耳が慣れるのを待つのみ。でも、USBやらiPodやらをつなげれるので、利便性は向上した。これでもうCD-Rを焼くことはなくなるだろう。余ったCD-Rどうしようかなあ。

|

« 2013年11月9日 奈良井宿 | トップページ | さがら総「変態王子と笑わない猫。 7」 »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

納車おめでとうございますm(__)m
これからの季節、4駆は重宝しますね♪
まずは紅葉狩りですかね?
え、キノコ狩り?(^o^;)

投稿: も~も~ | 2013/11/12 19:58

キノコは見分けが付かないので、ちょっと。
紅葉狩りには今週末には行きたいです。湖北の己高山が気になってるんですけど、やっぱり混むんでしょうねえ。

投稿: KONKON | 2013/11/12 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エクストレイルが来た:

« 2013年11月9日 奈良井宿 | トップページ | さがら総「変態王子と笑わない猫。 7」 »