« 渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 7」 | トップページ | たまこまーけっと »

志瑞祐「精霊使いの剣舞 7 最強の剣舞姫」

表紙イラストは新キャラかなあと思ったら、本物のレン・アッシュベルだった。和風の格好だったのね。お話の方は、激化する戦いの中でレン・アッシュベルの剣技を使わざるを得なくなったカミトが、チームの面々から疑惑を持たれる。普通に考えれば、レン・アッシュベルの正体が男であるカミトなんて結論にはなりそうもないのだが、このひとたちは見た目よりも剣技が重要らしい。ということは、ミーハーなわけではなくコアなファンだったのか。
もうひとつのテーマがフィアナが精霊魔装を習得するお話。これまではバックアップに回っていたフィアナがそれに引け目を感じていて、何とか精霊魔装ができるようにならないかと焦っている描写があって、こういうときはたいてい裏目に出るんだよなあと思っていたので、ちょっと意外だった。フィアナにはカミトの正体を知っているというアドバンテージがあったけれど、それがなくなっちゃうんだったら精霊魔装できないとバランスがとれないようなあ、といったところなのかもしれない。

|

« 渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 7」 | トップページ | たまこまーけっと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志瑞祐「精霊使いの剣舞 7 最強の剣舞姫」:

« 渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 7」 | トップページ | たまこまーけっと »