« D.C.III ~ダ・カーポIII~ | トップページ | 2013年11月23日 己高山(922m) »

春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 4」

表紙、誰かと思ったら、先生か。このひとが小学生の容姿だっていう設定はどういうわけかすぐに忘れちゃうんだよな。性格と容姿が乖離しているのが原因なんだろうなあ。
まあ、それはいいとして、今回はお断り5のひとり、密秘に主人公たちが引っ掻き回されるお話。その過程で雪平が自分の気持ちに素直になるなんて展開もあるのだが、どうせこの先も普段はあんな調子なんだろうなあとか思えない。それよりも気になるのが、主人公が恋愛に対して鈍感すぎるということがいよいよ明らかになったこと。この手の話としては、ありがちじゃんと思えるけれど、あえてそれを解明されるべき謎であるとストーリの中で明確にしているのは珍しいんじゃないか。この設定がはたして絶対選択肢どどんな関わりがあるのか。この流れでそういう話になってるんだから、当然関係あるんだよねえ、という前提で考えてしまったが、まさか関係ないってことはないよね。

|

« D.C.III ~ダ・カーポIII~ | トップページ | 2013年11月23日 己高山(922m) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 4」:

« D.C.III ~ダ・カーポIII~ | トップページ | 2013年11月23日 己高山(922m) »