« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる | トップページ | エクストレイルで遠乗り »

丈月城「カンピオーネ! 15 女神の息子」

古代ガリア編の続き。護堂たちがタイムスリップしてきたせいでカンピオーネが増えすぎたために、予定よりも早く「最後の王」が目覚める。カンピオーネの天敵である「最後の王」に護堂たちは抗することができるのか。といった大きな話があって、その上でアイーシャ夫人のとんでもぶりや、護堂のあいかわらずのふるまいを描いている。しかし、アイーシャ夫人はヤバイなあ。これまで見てきたカンピオーネのなかでは一番害がなさそうに見えるのに、やることなすことすべて周りを混乱に陥れていく。そんなひとが時間を越えて旅をしちゃうっていうんだから、そら、歴史の修正力なんてのも限界超えちゃうわ。ドニは普段以上に好き勝手してくれちゃってるし。護堂は護堂でどこにいてもやってること同じ、あ、いや、ハーレムの主としてしっかり進歩してるなあ。今回はリリアナと祐理を完全に掌握しちゃってるし。

|

« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる | トップページ | エクストレイルで遠乗り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丈月城「カンピオーネ! 15 女神の息子」:

« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる | トップページ | エクストレイルで遠乗り »