« 2013年9月14日 伊吹山(1,377m) | トップページ | フォレスターに傾く »

エクストレイルに試乗した

エクストレイルはもうすぐモデルチェンジ。コンセプトが変わって別物としかいえないクルマになりそうなので、今のうちに乗っておこうとディーゼルモデルに試乗してきた。
RX-8の隣に持ってきてくれたのだが、並べてみると数字以上に大きく感じる。長さ高さはもちろんのこと、角ばったデザインのせいか、幅も大きく感じる。今まで試乗したクルマの中では、視覚的には一番大きい。
シートは座るとふわっと沈み込むもの。これもあまり他にはない感触だ。エクストレイルのイメージからはもっとフラットで堅いものを想像していたんだけどなあ。エンジンはCX-5とくらべるとディーゼルらしさは強いが、そんなには気にならない。ロータリーエンジン車に乗っているせいで、通常のガソリンエンジンもディーゼルエンジンも、ロータリーとは違うという括りに入っちゃうのかもしれないと思ったりもした。出足はCX-5のほうが力強いかな。車重が重いし、エンジンのトルクも低いので、このあたりは想定どおり。試乗したのはATモデルだけど、ディーラのひとがいうには「MTはそんなことないですよ」だって。本当かなあ。気になった車体の大きさは、試乗ではあまり感じなかった。車庫入れでもやらせてもらえばよかったかなあ。
そのあと見積もりをとってもらったんだけど、ディーラのひとがエクストリーマXというグレードを知らなかったのにはびっくりした。いくつか質問をして答えてもらったんだけど、グレード知らないひとの回答をどこまで信用していいのだろうか。

|

« 2013年9月14日 伊吹山(1,377m) | トップページ | フォレスターに傾く »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エクストレイルに試乗した:

« 2013年9月14日 伊吹山(1,377m) | トップページ | フォレスターに傾く »