« 宇野朴人「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンIII」 | トップページ | マギ »

2013年8月4日 にゅう(2,352m)

年寄りを連れて山に行くことになったので、登り始めから涼しくて、かつ、難易度の低い山ってことで、八ヶ岳のにゅうに行った。にゅうは白駒池から登るのが一般的なルートとなる。白駒池といえば紅葉というわけで、紅葉の時季の白駒池には二度行っていて道路の渋滞にうんざりしていたのだけれど、真夏はさすがにそういうこともない。白駒池入り口の駐車場までスムーズに行けた。しかし、それでも空いているというわけではなく、麦草峠の駐車場から先は路肩の駐車スペースもすべて満員。白駒池入り口の駐車場もメインの駐車場は満員で向かいの砂利の駐車場でないと入れなかった。20130804a
駐車場からまずは白駒池へ。紅葉の時季以外に来たのは初めて。盛夏の白駒池もきれいはきれいだけど、何か足らない気がする。やっぱり、ここは紅葉がよく似合う。白駒池のもうひとつの見所、森に広がる苔はこの時季のほうが元気なように見えるけど、気のせいか。
20130804c白駒池を離れて、にゅうへと登るルートは、最初のうちこそ木道があるものの、そのうち岩と木の根とぬかるんだ土の登山道に変わる。たいしてきつくはないが、木の根で足を引っ掛けたり滑らせたりしないように気を使う。途中、白駒湿原という小さな湿原があって、ワタスゲがふわふわと咲いていた。あれを咲くといっていいのかどうかは疑問だけど。
20130804bにゅう山頂ではガスも出ているがときおり日も差している。曇っているときは20℃くらいで快適なのだが、日が差すと体感温度が一気に跳ね上がる。山頂のすぐ手前までは森の中なので、あまり感じなかったのだが、さすがに夏の日差しは半端ではない。
下りは白駒池までは来たルートと同じ。その先は白駒池を逆方向へ周って帰る。
参考までに、コースタイム。年寄り連れ。休憩時間は含まない。白駒池駐車場-(15分)-青苔荘-(20分)-白駒池南岸-(100分)-にゅう-(90分)-白駒池南岸-(10分)-白駒荘-(15分)-青苔荘-(20分)-白駒池駐車場

|

« 宇野朴人「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンIII」 | トップページ | マギ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年8月4日 にゅう(2,352m):

« 宇野朴人「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンIII」 | トップページ | マギ »