« 新型フィット発表 | トップページ | 2013年7月21日 三ノ沢岳(2,846m) »

鴨志田一「さくら荘のペットな彼女 10」

「ロウきゅーぶ!」に続いたわけじゃないけれど、これも最終巻。
冒頭で空太とましろが結ばれる(婉曲表現)シーンがあったので、この後丸々一冊使って何を書くつもりなんだろうといぶかしんでいたら、それぞれの仕事が忙しくなってすれ違ってしまうふたり、という流れに入ってしまった。これが最終巻だし、シリーズ全体の流れからいえば、後日談的なものになるとばかり思っていたのに、ここでもうひと波瀾起こすのか。そのまま終わらせてあげればいいのに。
この巻だけ分厚くなっているところを見ると、あと一巻というところで、書き残したことを詰め込んだように思えるが、ここはもっと書きたいことを絞り込むのが正解だったんじゃないのかなあ。たぶん、この最終巻に対してネガティブな感想書いてるのって少数派なんだろうけど、9巻までと比べると10巻って印象が散漫なんだよね。
ともあれ、シリーズとしては十分楽しませてもらった。お疲れさまでした。

|

« 新型フィット発表 | トップページ | 2013年7月21日 三ノ沢岳(2,846m) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鴨志田一「さくら荘のペットな彼女 10」:

« 新型フィット発表 | トップページ | 2013年7月21日 三ノ沢岳(2,846m) »