« だから僕は、Hができない。 | トップページ | ネタがない »

佐島勤「魔法科高校の劣等生 10 来訪者編 中」

ちゃんと話は進んでいるはずなのに、全体としてみると中途半端に枝葉を広げてとっちらかってしまったような印象がある。たとえば、帯に「ピクシー誕生」なんて書いてあって、それなりにページを割いているのかと思いきや、ほんのちょっとで終わる。四葉の暗躍とバレンタインデーのおまけみたいな感じだ。本当のところ、どちらがおまけなのかはこれからのストーリ展開によるんだろうけど。バレンタインデーといえば、どうもKONKONの中ではほのかの印象が薄いようで、何度出てきてもどういう子なんだろうと悩んでしまう。というか、この作品って、だいたいにおいて主人公と直接関係を持ってないキャラの印象が弱いように思う。ほのかも、どちらかというと深雪のクラスメイトっていう感じだし。

|

« だから僕は、Hができない。 | トップページ | ネタがない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐島勤「魔法科高校の劣等生 10 来訪者編 中」:

« だから僕は、Hができない。 | トップページ | ネタがない »