« 2013年5月の購入予定物件《文庫版》 | トップページ | はぐれ勇者の鬼畜美学 »

弓弦イズル「IS<インフィニット・ストラトス> 8」

ひさしぶりの新刊だし、レーベルも変わって心機一転かと思いきや、7巻よりもさらにひどくなっている。7巻まではまだ小説としての体裁が残っていたけど、ここで完全に破綻してしまった。その上、主人公を含めたキャラクターの言動にこれまでにない違和感を感じる。前のほうがイラストが好みだったというのは間違いないけど、キャラに対する違和感はイラストが変わったせいだけじゃないと思う。これ、このまま出しちゃだめでしょ。一番悪いのは、こんなのしか書けなくなった作者なんだろうけど、どうして編集がストップかけられなかったかなあ。オーバーラップ文庫のラインナップはわりと魅力的なのに、これを最初に読んじゃったせいで期待値がだだ下がりだよ。どうしてくれる。

|

« 2013年5月の購入予定物件《文庫版》 | トップページ | はぐれ勇者の鬼畜美学 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弓弦イズル「IS<インフィニット・ストラトス> 8」:

« 2013年5月の購入予定物件《文庫版》 | トップページ | はぐれ勇者の鬼畜美学 »