« 森橋ビンゴ「東雲侑子は全ての小説をあいしつづける」 | トップページ | 七条剛「うちの居候が世界を掌握している! 3.5」 »

2013年5月18日 戸倉山(1,671m)

初夏の戸倉山に行ってきた。目的は残雪期の南アルプスを眺めること。前回行ったときは、秋だったので、中央アルプスも南アルプスも雪をかぶっていなかったのだ。中央アルプスは職場からでも比較的大きく見えるのだが、南アルプスはよほど空気が澄んでいないと見えないし、見えたとしても頂上付近がちらっとのぞく程度。一度、雪の南アルプスを間近で見たいものだと思っていたのだ。20130518a木漏れ日を浴びながら快適に登っていくと、まず見えてきたのが中央アルプス。たぶん空木岳のあたりだと思うが自信はない。結構雪が残っていて、これなら期待できそうだと思いつつ、山頂西峰へ到着。ここから一望できる中央アルプスの山並みは見事のひとこと。やっぱり雪かぶってると感じ違うわ。ここから塩見岳や赤石岳を見ることができるが心持ち雪が少ない。中央アルプスよりも標高は高いけれど、積雪は少ないらしい。20130518bその後、西峰で、仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳とご対面したが、ほとんど雪は解けてしまっている。ちょっとばかし、時季が遅かったか。
最後に。今回はNEX-5Nを持っていたので、ためしにスイングパノラマを使ってみた。
20130518c

|

« 森橋ビンゴ「東雲侑子は全ての小説をあいしつづける」 | トップページ | 七条剛「うちの居候が世界を掌握している! 3.5」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年5月18日 戸倉山(1,671m):

« 森橋ビンゴ「東雲侑子は全ての小説をあいしつづける」 | トップページ | 七条剛「うちの居候が世界を掌握している! 3.5」 »