« 2011年12月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 村上凛「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 4」 »

上遠野浩平「螺旋のエンペロイダー Spin1 "Wormy Empire"」

素直に読めば、フォルテッシモが主人公のように思えるんだけど、それにしては能力が違うんだよなあ。そのあたりが、エンペロイダーの影響なのかそれとも、ただの他人なのかはよくわからない。このシリーズ、というかこの作者の作品はそういう謎めいたところが魅力のひとつだったんだけど、さすがにそろそろ飽きてきた。謎って興味を惹いているうちはプラス方向に働くんだけど、どうでもいいやと思われた瞬間に、ああいつものね、としか思われなくなってしまう。もう、そのあたりの閾値を越えちゃったような気がする。せめて、物語の進む方向に結びついた謎なら興味もわくってもんだけど、このシリーズはどっち向いてるかわかんないもんなあ。読み方が浅いっていわれたら、それまでだけど。

|

« 2011年12月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 村上凛「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 4」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上遠野浩平「螺旋のエンペロイダー Spin1 "Wormy Empire"」:

« 2011年12月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 村上凛「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 4」 »