« ブルーレイレコーダの調子がおかしい | トップページ | フォルクスワーゲンup! 発売開始 »

ゼロの使い魔F

2012年1月期のアニメの感想。六本目は「ゼロの使い魔F」。
原作がしばらく停まっているというのに、こちらはFinal。最後まで話が進んでしまう。原作どうしちゃったんだろうと思ったら、作者が癌に罹って闘病中とのこと。そんなことになっていたとは。
アニメの出来はよくもなく悪くもなくといったところ。原作のキャラクタの魅力を損なうものでもないし、超えるものでもない。エンディングのルイズだけはやけに可愛いんだけどね。ストーリは終盤に向けて失速しているように思う。もっと壮大な話になりそうに感じていたんだけど、完結させることを急いだのかもしれない。アニメのストーリにも当然原作者がかかわっているだろうから、このあたりは原作者の体調の悪さが反映しているのかもしれない。願わくば、原作者が健康を取り戻して、アニメを超える原作(?)を作り出して欲しい。

|

« ブルーレイレコーダの調子がおかしい | トップページ | フォルクスワーゲンup! 発売開始 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロの使い魔F:

« ブルーレイレコーダの調子がおかしい | トップページ | フォルクスワーゲンup! 発売開始 »