« 葵せきな「生徒会の十代」 | トップページ | 2011年10月のお買い物勝ち負け表 »

川岸殴魚「人生」

やたら長いタイトルが流行りのライトノベル界だというのに、それに逆らうようなタイトルが潔い。この本について考えていると「人生について考えています」といえてしまうところもちょっとお得。「邪神大沼」の作者だから、まさかお堅い話を書くわけもないだろうと諒解している読者が多いだろうからこそできたタイトルかもしれない。でも、ひょっとして真面目に人生について考える本だったらどうしようかとほんの少しだけ思っていたのも事実。いやなんかギャグやってる人間って、なんとかネタをひねり出そうとして心を病んでしまうようなイメージがあるからさ。
ま、実際のところ、「邪神大沼」テイストのコメディだったんだけどね。それはもう、姉小路がいないのが不思議なくらいの「邪神大沼」テイスト。登場人物は少女三人だけで、勇者も邪神協もスタータキットもいないので、若干バリエーションには欠けるけど、読んでいて受ける感じが「邪神大沼」とほとんど変わらない。天狗も鬼もいないけど。でも、やっぱりあの面白さは健在。何度電車の中で噴き出しそうになったことか。端から見てたら、変な顔してただろうなあ。

|

« 葵せきな「生徒会の十代」 | トップページ | 2011年10月のお買い物勝ち負け表 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川岸殴魚「人生」:

« 葵せきな「生徒会の十代」 | トップページ | 2011年10月のお買い物勝ち負け表 »