« 昨日の続き | トップページ | イチゴにポリマルチ »

川原礫「ソードアート・オンライン 7 マザーズロザリオ」

今回はアスカにスポットを当てたお話。これまでアスナに関しては、ほとんどキリト視点の姿しか見ていないから、アスナ本人の視点は新鮮である。ゲーム中はあんな感じだけど、リアルではいろいろと大変なんだね~、とか。そこらへんの大変なところをどう乗り越えていくかっていうのが、メインテーマとなるわけだけど、そのきっかけを作ってくれたゲーム内のキャラクタが「絶剣」と呼ばれる超絶技巧の剣士。キリトでさえ敗退を余儀なくされたという、その剣士に興味を抱いたアスナはその剣士との対戦に赴く。そこからアスナと、「絶剣」ユウキとの短くも濃密な交流が始まる。といった感じで、その先の話について感想書くと即ネタバレにつながりそうなので、そのあたりはパス。ユウキのキャラクタ造形についてはアリだと思った、とだけ書いておこう。テンプレでもいいじゃない。

|

« 昨日の続き | トップページ | イチゴにポリマルチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川原礫「ソードアート・オンライン 7 マザーズロザリオ」:

« 昨日の続き | トップページ | イチゴにポリマルチ »