« 淺沼広太「俺は彼女の犬になる! 2」 | トップページ | 2012年2月の購入予定物件 »

宮澤伊織「僕の魔剣がうるさい件について」

タイトルといい表紙といい、売り方間違ってるだろうというくらいのまともな剣戟アクション。これだと、「D・ソード・オブ・レジェンド」あたりを連想してしまう。読後感としては「C3 -シーキューブ-」のほうが近いかな。それはそれとして、どうしても気になるのが、《夜来たる》だの、《虎よ、虎よ》だのいう魔剣のネーミング。売り方からみて、これに反応しちゃう層を狙ってもしょうがないだろういうと思われているのは間違いないところだが、それでもやっぱり反応せざるを得ない。ラストあたりに出てきた敵方の大将が《虚数》ってのはともかくとして、才森の《凍月》なんてのはかっこいいな。こういうのを見ると、早川SFの翻訳タイトルのセンスは、なかなかなんじゃないかと思う。日本語タイトルをまともにつけない洋画配給会社はもう少し見習ったほうがいい。

|

« 淺沼広太「俺は彼女の犬になる! 2」 | トップページ | 2012年2月の購入予定物件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮澤伊織「僕の魔剣がうるさい件について」:

« 淺沼広太「俺は彼女の犬になる! 2」 | トップページ | 2012年2月の購入予定物件 »