« 限定版CDって安いのな | トップページ | GALAPAGOSが販売終了だそうで »

虚淵玄「Fate/ZERO 5 闇の胎動」

帯の惹句に書いてあったものだから、ライダーとセイバーの一騎打ちが見られるかと期待して読み始めた。実際、旧型VMAX改による追跡劇の果てに一騎打ちになったにはなったまではよかったのだが、これでは少々物足りない。シチュエーション的に仕方がないとはいえ、セイバーに雌雄を決するという意気込みが足らないんだよなあ。ライダーもあまり本調子という感じではなかったし。
そういったサーヴァントたちの戦いの裏では、言峰綺礼の暗躍が続き、いよいよ新たなサーヴァントを得て、切嗣の敵として立ち現れる。どちらかというと、こっちがメインの話なんだろうし、これはこれで興味深いものの、サーヴァント同士の戦いの決着も見てみたい。残りの面子では、正面からぶつかり合うような話はもうなさそうな気もするが、さてどうなるか。

|

« 限定版CDって安いのな | トップページ | GALAPAGOSが販売終了だそうで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虚淵玄「Fate/ZERO 5 闇の胎動」:

« 限定版CDって安いのな | トップページ | GALAPAGOSが販売終了だそうで »