« 節電PCでも作ったほうがいいんだろうか | トップページ | 葵せきな「碧陽学園生徒会黙示録 5 生徒会の木陰」 »

赤月カケヤ「キミとは致命的なズレがある」

主人公視点で書かれているというのに、その主人公が狂気のふちにいる、っていうわりと反則的なんだけど、考えてみればよくあるよね的なお話。こういうのを読むと、どうしても主人公は犯人じゃないだろうなあという先入観を持って読んでしまう。これでもし主人公が犯人だったらどうしようという変なドキドキはあるけれど、たぶん作者サイドが予期する楽しみかたじゃないんだろうな。
分類すればサイコスリラーで、それに少々萌え成分が入っているって感じかな。ただ、キャラクタ造形の力の入れどころが間違っているような気がするのでキャラクター小説としては弱い。ぶっちゃけ、印象深いのって赤鬼とか、真澄美先生とかなんだよね。ひょっとすると、KONKONの読み方に問題があるのかもしれないけど。

|

« 節電PCでも作ったほうがいいんだろうか | トップページ | 葵せきな「碧陽学園生徒会黙示録 5 生徒会の木陰」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤月カケヤ「キミとは致命的なズレがある」:

« 節電PCでも作ったほうがいいんだろうか | トップページ | 葵せきな「碧陽学園生徒会黙示録 5 生徒会の木陰」 »