« ジャガイモのリカバリ完了 | トップページ | ブドウの芽かき »

DX 18-200 かあ

眠いので、ちょっとだけ。
New ズイこれに興味深い記事が載っていた。なんでも、ニッコールフォトコンテストの入選作品中で、DX 18-200を使用している割合が高いんだとか。これって、AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6Gのことだよね。撮った写真そのものを見ていないので何ともいえないけど、フォトコンテストというからには作品志向のひとが使っているはずだよねえ。作品志向のひとが便利ズームを買ってるのか~。、便利ズームでも「作品」を撮れるんだ~。まあ、母数が大きいってのはあるだろうけど、それにしてもイメージと違う結果になってて、びっくりした。

|

« ジャガイモのリカバリ完了 | トップページ | ブドウの芽かき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 なんとなく結果に納得が出来る内容でした。

基本的にかなり昔のズームレンズでなければ、どんなレンズでも作品撮りは出来ると思ってます。
また、設計思想の変化による可変焦点レンズの性能向上(新しいレンズで、本当のズームレンズが有るのかな?)により十分作品撮りに使用出来る事と、もしかしたら出品者の高年齢化も有ったりして。
明るいレンズがどれ程必要かと言えば、デジタル化による高感度域の画質向上でそれ程無いと思いますので、暗くても画質性能がそれなりに有れば、全体的な軽量化と機動性優先に出来ますしね。
また、ニッコールクラブてっ、かなり敷居が高い様に感じるので、会員平均年齢上がってないかな?なんて思います。

D200が結構検討してるのは、それ程高感度域を必要として撮影する事って、それ程無いと言う結果でしょうね。
銀塩フィルム全盛時を考えるとね。

投稿: DD51武岡 | 2011/05/07 12:17

むむ、武岡さんからすると納得の結果ですか。
便利ズームは好きなんですが、それはKONKONが作品というよりも記録をとっているような感覚でカメラを使っているからだったのです。でも、その一方で、18-200とかでちゃんと作品が撮れているひとも多いんだなあと思うと、ちょっともったいない使い方してたかもという思いを持ちました。
出品者の高年齢化が原因ではないかという考察は、盲点でした。確かに、重たいレンズ何本も持って歩くのって大変ですもんね。D3が意外なほど少ないのは高価なせいもあるでしょうけど、重量増を嫌ったという側面もあるかもしれませんね。

投稿: KONKON | 2011/05/07 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DX 18-200 かあ:

« ジャガイモのリカバリ完了 | トップページ | ブドウの芽かき »