« アスパラを増やした | トップページ | 比嘉智康「神明解ろーどぐらす 5」 »

入間人間「電波女と青春男 8」

最終巻なんだけど、あまり最終巻っていう気がしない。今さらなんだが、このシリーズって一巻で完結のほうがすっきりしたんじゃないか。二巻以降は長い後日譚ってことで。エリオが学校で歌った巻あたりも最終巻にふさわしいかもしれないけど、やっぱり話の区切りとしては一巻のほうがいいかな。作者も同じ気持ちだったかどうかはしらないけど、この巻は一巻の再話のようになっている。違いといえば、エリオが少しずつ社会生活に馴染んできていることかな。あとは、リュウシさんはすっかりサブヒロインっぽくなってしまっているとか、前川さんは相変わらずのはずなのに妙に存在感が大きくなってるとか。ま、長い後日譚も楽しめたけど、ずるずる続けられるよりいい締め方だったな。

|

« アスパラを増やした | トップページ | 比嘉智康「神明解ろーどぐらす 5」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入間人間「電波女と青春男 8」:

« アスパラを増やした | トップページ | 比嘉智康「神明解ろーどぐらす 5」 »