« D5100を見てきた | トップページ | 裕時悠示「踊る星降るレネシクル 4」 »

逢空万太「這いよれ! ニャル子さん 7」

シリーズ初の短編集。最近よくあるパターンだと本編との差がよくわからない、ってのがあるけれど、これは幕間でニャル子さんがぶつくさいっていて、明らかに回想だってわかるようになっているから、ちゃんと本編と違うことがわかる。わかるっていうだけで、ノリはいっしょなんだけど。
この短編集の中では、珍しく人間のキャラがでてきている。ニャル子さんの「親友」の珠緒である。ニャル子さんが普通にスクールライフを送っているとは思ってなかったので、親友なんてものがいること自体にびっくりした。
ほかにはハス太とルーヒーがいつのまにかいい感じになっている描写があって、まさかそのまま進展するとは思えないから、どんなオチをつけてくれるのかが楽しみだったりする。

|

« D5100を見てきた | トップページ | 裕時悠示「踊る星降るレネシクル 4」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逢空万太「這いよれ! ニャル子さん 7」:

« D5100を見てきた | トップページ | 裕時悠示「踊る星降るレネシクル 4」 »