« 野苺がひそかに増えていた | トップページ | 出口きぬごし「恋する鬼門のプロトコル 3」 »

久能山東照宮にドライブ

20110327a妹のクルマの慣らしと称して久能山東照宮と焼津さかなセンターに行ってきた。
以前、日本平に行ったときに、ロープウェイの運賃が高かくて、久能山東照宮に行くのを断念したということがあったので、今回は海側から石段を登ることにした。しかし、こっちはこっちで駐車場代が高い。海沿いの道からすぐのところにある駐車場に呼び込まれて入ってみたら、1,000円も取られた。その後、鳥居まで歩いていくと、500円の駐車場があって、ガックリ。うかつに呼び込みなんかにのるものではないなあ。
20110327b1,159段あるという表参道の石段は、数字から感じるほどたいしたものではない。鳳来寺や金比羅さんにくらべるとはるかに楽に感じる。勾配がゆるやかな箇所が多いせいだろう。本殿への参拝はひとり500円のところ、駐車場でもらった割引券で100円引いてもらって400円。拝観料を払ってまずは楼門をくぐったら、すぐに本殿。なんか微妙だなあ。たしかに由緒ある建物なんだろうけど、想像していたよりもずっとこじんまりとしている。日光の東照宮までとはいわないが、もう少し大きいものだとばかり思っていた。これだけを目的として来たのなら、がっかりしちゃうかも。
20110327c本殿を過ぎてさらに奥に行くと、行き止まりのところに家康の霊廟がある。ここに家康の遺骸が眠っているのかと思うと不思議な感じがする。
と、まあ、久能山はそんなところだったのだけれど、本来の目的はコルトプラスの慣らし。せっかくなので運転もさせてもらった。まず感じるのは、CVTって違和感あるなあってこと。アクセルを踏むと回転が上がってから速度がついてくるっていう感じで、アクセルがクルマとダイレクトにつながっているという気になれない。高速道路の走行中はエンジンの回転が低く抑えられるため、なかなか快適。タイヤのせいかロードノイズも低めなのもいい。シートもコンパクト車のなかでは出来がいいほうなんじゃないか。あと、渋滞につかまったときにはCVTって楽でいいなあと、素直に思った。

|

« 野苺がひそかに増えていた | トップページ | 出口きぬごし「恋する鬼門のプロトコル 3」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久能山東照宮にドライブ:

« 野苺がひそかに増えていた | トップページ | 出口きぬごし「恋する鬼門のプロトコル 3」 »