« ツインエア上陸 | トップページ | 野苺がひそかに増えていた »

小林泰三「人造救世主 ギニー・ピッグス」

あ、しまった。2巻から買ってしまったと気が付いたのは、半分近くも読んでから。オンラインショップで買うとたまにこういうことをしてしまうから困る。店頭で買うときはちゃんと裏表紙とかに書いてあるあらすじを確認するんだけどね~。オンラインショップでもあらすじは書いてあることが多いのに、なぜか読まずに買ってしまう。
それはともかくとして、内容が問題。アクション小説っぽいものを志向しているみたいなんだけど、いつものこの作者らしさがなくって、スカスカな感じがする。論理の組み立てにしろ、グロい描写にしろ、これでもかって畳み掛けてくるところが魅力なのに、そういうところがまったくない。シリーズモノの長編であれをやられるとバテちゃうかもしれないけど、それでも何か物足りなさが残る。何か別の「売り」を提示してもらえればよかったんだけどねえ。

|

« ツインエア上陸 | トップページ | 野苺がひそかに増えていた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林泰三「人造救世主 ギニー・ピッグス」:

« ツインエア上陸 | トップページ | 野苺がひそかに増えていた »