« イチゴとかエンドウとか | トップページ | 花粉症になったらしい »

川原礫「ソードアート・オンライン 5 ファントム・バレット」

今度の舞台は《ガンゲイル・オンライン》、略して《GGO》。ゲーム内で撃たれたプレイヤが現実でも死んでしまうという事件が発生し、その捜査のためにキリトが潜入することになる。《GGO》は銃器がメインの世界。特に対人対戦では実弾銃が重用される。その銃は現実に存在するものとしていて、銃マニアには人気があるらしい。しかし、キリトは銃のことなんかまったく知らない。《GGO》にログインしたキリトは、とある女性プレイヤに教えを請うことになるのだが。というような感じで、その女性プレイヤが「ファントム・バレット」のヒロイン格のシノン。レアアイテム《ヘカート》を操る名うての狙撃手である。彼女は、現実世界で銃に関するトラウマに悩まされていて、それを克服するために《GGO》をプレイしているのだが、そのトラウマと、キリトのトラウマを軸に話が進んでいくのだろう。
それにしても、ホント、キリトって天然だよなあ。

|

« イチゴとかエンドウとか | トップページ | 花粉症になったらしい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川原礫「ソードアート・オンライン 5 ファントム・バレット」:

« イチゴとかエンドウとか | トップページ | 花粉症になったらしい »