« 次は何に乗るんだろうか | トップページ | 川岸殴魚「むやみに分裂!! 邪神大沼 6」 »

あわむら赤光「あるいは現在進行形の黒歴史 3 ─わだつみの海妃が俺の嫁?─」

前の巻の敵キャラが嫁になるっていう流れか。こうなると1巻のマリスは割り食ってるなあ。他のキャラは敵役で1巻、嫁役で1巻と計2巻は見せ場があるのに、マリスだけは1巻でお終い。この巻でもだいぶ存在感がなくなってきているし。不憫なヤツだ。それに引き換え楓子はどの巻でも元気だなあ。楓子だけでなく、2巻ではあまりぱっとしなかった、主人公の父さん母さんもえらい目立ってる。考えてみれば、A.N.G.は楓子の妄想の産物だし、この小説って主人公の一家で閉じてるのかもしれん。理子なんてのもいるけど、あまり目立たない。ひょっとしたらこの小説は家族小説だったのか。

|

« 次は何に乗るんだろうか | トップページ | 川岸殴魚「むやみに分裂!! 邪神大沼 6」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あわむら赤光「あるいは現在進行形の黒歴史 3 ─わだつみの海妃が俺の嫁?─」:

« 次は何に乗るんだろうか | トップページ | 川岸殴魚「むやみに分裂!! 邪神大沼 6」 »