« 2010年12月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 支倉凍砂「狼と香辛料 XVI 太陽の金貨<下>」 »

ガーデンシュレッダ導入

剪定した枝の処理用にガーデンシュレッダを導入した。機種は山善のYGS-30。あまり調べていないので確実なことはいえないが、おそらくガーデンシュレッダとしてはもっとも安価な部類の商品である。まずは、先々週刈った、ブドウの枝を処理したのだが、いまひとつ相性が悪い。ブドウは枝といっても蔓に近いものなので、うまくカッター部に落とし込めない。何度もふたを開けて、変なところに入り込んだ枝を取り除きながら使った。そういったことはあるものの、粉砕能力は十分。これまでは枝を細かく切って袋詰めした上で、燃えるゴミとして出していたが、袋の数でいえば三分の一以下になったんじゃないかな。乾燥させれば、ウッドチップ代わりに木の根元に蒔けるから、ゴミとして出す必要もなくなるかもしれない。
他には、ジャガイモの畝作りの続きをした。植えるための溝を掘って、元肥を入れて土をかぶせた。元肥は堆肥と化成肥料なんだけど、いざ堆肥をやろうと堆肥置き場のブルーシートをばしてみたら、まったく堆肥ができていなかった。水気が多すぎて、使い物ならない。かき回してみたけど、ミミズの一匹も出てこない。こりゃダメだと思って、ホームセンターで堆肥を購入して使用した。生木を入れすぎたのが失敗だったかなあ。

|

« 2010年12月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 支倉凍砂「狼と香辛料 XVI 太陽の金貨<下>」 »

農作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーデンシュレッダ導入:

« 2010年12月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 支倉凍砂「狼と香辛料 XVI 太陽の金貨<下>」 »