« 今野緒雪「マリア様がみてる ステップ」 | トップページ | 2010年12月のお買い物勝ち負け表 »

田名部宗司「幕末魔法士II ─大坂鬼譚─」

いやー、待たされたわ。新人がデビュー作と2作目の間、これだけ空けるのってライトノベルじゃ珍しいんじゃないかな。
松江から大坂に戻り適塾を訪ねた伊織と、その連れの冬馬だが、適塾は罪人を示唆する竹矢来により閉ざされていた。適塾の塾生である伊織は役人に捕らえられそうになるが、その場に行き合わせた水売りの娘、冴に助けられる。冴によれば、適塾塾生、笠原来青が診ていた武州屋の娘、清音が鬼と化してひとを喰らい姿をくらませたらしい。その事件の犯人として来青が追われており、適塾も関与が疑われているということらしい。適塾塾長の緒方洪庵も姿をくらませているらしい。洪庵の身を案ずる伊織と冬馬は調査のために武州屋に忍び込むが、そこを警備していた沖田総司に見つかってしまい。
といった感じで、幕末の有名人たちが登場してくる。幕末好きのひとにはたまらんだろうな。突っ込みどころも多そうだけど。しかし、それに増して、伊織が可愛いの何の。冬馬にやきもきしているくせに、面と向かうとツンツンしてしまう。表面的にはデレてないけど、内面的には惚れまくってる様子がなんともいえん。

|

« 今野緒雪「マリア様がみてる ステップ」 | トップページ | 2010年12月のお買い物勝ち負け表 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田名部宗司「幕末魔法士II ─大坂鬼譚─」:

« 今野緒雪「マリア様がみてる ステップ」 | トップページ | 2010年12月のお買い物勝ち負け表 »