« 2010年10月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 忘年会 »

小河正岳「ウェスタディアの双星 8 最終決戦の章」

あ、終わっちゃった。ストーリ的にはもっと長くなりそうな感じだったんだけどなあ。もしかすると打ち切りかもしれん。この作者、「お留守バンシー」はよかったんだけど、こっちのシリーズではどうにも力不足に見えて、読んでいてちょっと辛かった。キャラクターはいいんだけどねえ。政略とか軍略レベルはもちろん、戦術レベルでも読み応えがあるものを書けないまま終わってしまった。最初のうちは、巻を重ねればそのあたりも解消するかもと期待していたんだけど、あまり成長は見られないまま。しかも、敵方のキャラクター描写がどんどん劣化していって、ろくな敵がいない状態になってしまっていた。このまま、続けても伸びしろは少なそうだし、思い切って仕切りなおしをするのが正解だろう。次のシリーズが始まったら、とりあえずは付き合うつもり。

|

« 2010年10月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 忘年会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小河正岳「ウェスタディアの双星 8 最終決戦の章」:

« 2010年10月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 忘年会 »