« IS01はどうだろう | トップページ | 2010年4月の購入予定物件 »

比嘉智康「神明解ろーどぐらす」

妙にジュブナイルっぽくて気に入っていた「ギャルゴ!!!!!」シリーズの作者の新シリーズ。今度は下校に青春を賭ける主人公の日常のお話。この作者が、「僕は友達が少ない」の真似事なんかしなくてもいいんじゃないかと思いながら読んでいたが、あちこちににじみ出る昭和っぽいテイストは、間違いなくこの作者の持ち味。まあ、このノリが読めればいいか~、ぐらいの気持ちになってきた。でも、このままで終わりそうな感じでもないかな。なにしろ、タイトルに「神」って入ってるもん。最初は普通に「新明解」だと思っていたから、読み終わってから「神明解」だってのに気が付いて少しうれしくなった。ことによると1巻は新規読者を引き寄せるための罠で、2巻以降はまた「ギャルゴ!!!!!」みたいな話に持っていくのかもしれない。そうだといいあ。

|

« IS01はどうだろう | トップページ | 2010年4月の購入予定物件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 比嘉智康「神明解ろーどぐらす」:

« IS01はどうだろう | トップページ | 2010年4月の購入予定物件 »