« さようならZD 40-150mmその他いろいろ | トップページ | コヨーテ ラグタイムショー »

田名部宗司「幕末魔法士 -Mage Revolution-」

ライトノベルで幕末モノって珍しいなあと思って買ってみた。
今のところは、幕末という舞台を使ってファンタジーっぽいことやってんなというレベル。もし、シリーズ化するのなら、この先明治維新に向かって、現実の歴史とどんなふうに違っていくのか、あるいはどんなことが変わらないままなのかというあたりが気にはなるけれど、まあ、それは先の話。今作では、主人公の久世伊織と相方の朱本冬馬との出会いと、冬馬の呪紋にまつわる謎の提示がメインテーマってとこかな。松江藩のごたごたってのもあるけど、あれは単にテーマを乗せるためだけのお話作りっていう感じだし。
ともあれ、伊織がいい感じにかわいく描かれているので、続きがあるなら、どうデレていくかというところにも注目したい。

|

« さようならZD 40-150mmその他いろいろ | トップページ | コヨーテ ラグタイムショー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田名部宗司「幕末魔法士 -Mage Revolution-」:

« さようならZD 40-150mmその他いろいろ | トップページ | コヨーテ ラグタイムショー »