« 右腕の夢を見た | トップページ | 入間人間「電波女と青春男 3」 »

九重一木「ガジェット 2.終末時間 PLATINUM GIRL」

なんかいきなり話がクライマックスに向かって進んでいるような印象なんだけど。ひょっとしたらこの巻で終わっちゃうのかと思ったくらい。実際にはそういうことはなかったけど、この流れだと、次の巻ぐらいが最終回なんじゃないだろうか。ぜんぜん見当違いだったら、、それはそれでおもしろいことになりそうな気がする。いや、だって主人公が守ろうとしていた日常が、じつはもともと日常なんてものとは乖離してたなんて話は、起承転結でいえば「転」でしょ。それにラスボスっぽく見える「角笛を吹く精霊」がほとんど出ずっぱりみたいな状態だし。もしかすると、「角笛を吹く精霊」って中ボスでしかないのかな。舞台が「神の箱庭」までいっちゃうとなったら、あまりライトノベルらしくなくなっちゃいそうな気がするんだけど、それでもいいのか。それはそれで読んでみたいけど。

|

« 右腕の夢を見た | トップページ | 入間人間「電波女と青春男 3」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九重一木「ガジェット 2.終末時間 PLATINUM GIRL」:

« 右腕の夢を見た | トップページ | 入間人間「電波女と青春男 3」 »