« 淺沼広太「ようこそ青春世界へ! 2」 | トップページ | 鳥羽徹「オルキヌス2 稲朽深弦の調停生活」 »

iPod用のリモコンを買ってみた

iPod shuffleの気軽さをスポイルしてしまうみたいでこれまで敬遠していたのだが、ヘッドホンが欲しくなったのを機にリモコンを導入してみた。ブツはSimplism iPod用 3ボタンリモートコントローラー ホワイト TR-RM3SFL-WT(Amazon)である。これで手持ちのイヤホンを聴き比べてみた。
まずはiPod shuffle純正のもの。これだけで聴いている分にはまったく問題を感じない。俗にいうかまぼこ型ってヤツで、低音域と高音域は欲張らず、中音域重視の鳴り方をする。
SONYのMDR-ED238(AV Watch)。「低音重視派」という売り文句どおり、低音域から中音域は力強い。でも、それだけ。高音域は貧弱としかいえないし、よく鳴っている低音域から中音域にしたって、何かにごったような感じがする。ただ、電車に乗って聞いている分にはこれが意外といい。分解能なんてしらねえや、ぐらいの気持ちで聴いていればそれなりに満足できる。ある意味、とんがった製品だと思う。
AKG K14Pは、前の2機種に比べると段違いに鳴りっぷりがいい。低音域の量感自体はMDR-ED238に劣るが、こっちのほうが一音一音がちゃんと鳴るので聴いていて気持ちがいい。中音域から高音域にかけての力強さも十分。これのボリュームを外してしまうとさらに一段音がよくなるというから、iPod shuffle用リモコン専用にするつもりで、やっちゃってもいいかも。
オーディオテクニカ ATH-EC7。全域にわたってフラットな鳴り方をする。K14Pよりも力強さに欠ける印象があったが、改めて聞き比べてみるとそんなこともない。分解能が高く、見通しが効くせいで、量感として伝わってこないのかもしれない。このあたり、MDR-ED238とは対極的に感じた。優等生って大変だなあ。
オーディオテクニカ ATH-CM700Ti。KONKONが持っている一番高価なイヤホンがこれ。同じオーディオテクニカのATH-EC7に比べると、フラットな鳴り方や分解能の高さは変わらないんだけど、やたら華やかに感じる。スピード感はこっちのほうがあるかな。ATH-EC7が委員長キャラとすれば、こっちはお嬢様キャラかも。
と、いったところでお終いなんだけど、今時、非カナル型イヤホンばかりっていうのは、かなりレアなレビューかもしれない。レビューじゃなくて、感想だけど。音源がiPod shufflleってのはイヤホンの性能を出し切っていないかもしれないので、そのあたりは適当に差し引いて読んで欲しい。ま、そもそもKONKONの耳ってのが問題だったりするが。

|

« 淺沼広太「ようこそ青春世界へ! 2」 | トップページ | 鳥羽徹「オルキヌス2 稲朽深弦の調停生活」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPod用のリモコンを買ってみた:

« 淺沼広太「ようこそ青春世界へ! 2」 | トップページ | 鳥羽徹「オルキヌス2 稲朽深弦の調停生活」 »