« 2009年8月7日 木曽駒ヶ岳(2,956m) | トップページ | 今日は宴会 »

2009年8月8日 三ノ沢岳(2,847m)

前日の夕方に天気がよくなったのでご来光を期待できるかと思ったが、起きてみると雨。そのまま、朝食までふて寝。しかし、朝食後には霧雨程度になり、なんとか合羽なしでも行動できそうになった。
6時15分頃、頂上木曽小屋を発って、昨日来た道を戻る。木曽駒山頂は相変わらずの視界の悪さだったが、そこから駒ヶ岳頂上山荘までのお花畑は、昨日よりも楽しめた。わずかだが伊那谷方面が晴れてきていて、気持ちに余裕が出てきたせいだろうか。昨日はあまり見つけられなかったコマウスユキソウもあちらこちらに咲いている。
中岳では山頂を通らずに巻道を行く。「危険」という表記があったが、ここはそれほどでもないらしい。観光客が迷い込むといけないので、大きく書いてあるのだろうと思う。もっとも、KONKONの高所耐性は標準以下なので偉そうなことはいえない。事実、途中の岩場では大いに肝を冷やした。
宝剣山荘では、宝剣岳に行くかどうか大いに迷う。中岳の巻道でびびるぐらいだから無理だろうなあと思いつつ、岩場の取り付きまで行ってみたが、やっぱり無理だった。引き返して、千畳敷まで下りる。昨日よりも登山客が多く、八丁坂ではすれ違い待ちに時間を費やす。いかにも観光客然とした手合いも多く、中にはパンプスで登っているのもいた。投入堂みたいに靴のチェックをしちゃえばいいのにと思う。八丁坂あたりからはだいぶ晴れ間も広まって、南アルプスの向こうに富士山が見えていた。
20090808a千畳敷からは極楽平へと登る。八丁坂よりは緩やかだが、一旦下りて登り直しているせいか疲れが出始めた。意識してペースを落とす。こちらはコバイケイソウが多く、八丁坂のシナノキンバイを中心としたお花畑とはまた違った味わいがある。
極楽平で小休憩。ガスが出始めていて、三ノ沢岳の南半分が覆われてしまっている。これは急いだ方がいいかもしれない。20090808b
極楽平から三ノ沢岳分岐、三ノ沢岳への最初の岩峰までは、お花畑に囲まれた緩やかな道程で大変気持ちがいい。家族連れなら、ここでピクニックでもしてそのまま帰るってのも悪くないと思う。木曽駒登るより圧倒的にひとが少なくて静かなのもいい。20090808c_3
最初の岩峰を回り込んでからが本格的な登山の始まりとなる。何度も何度も上り下りがあったり、岩場をよじ登ったり、意外なほどのやせ尾根を歩かされたりと、木曽駒に比べると明確に登山をしているという気にさせられる。特に、上り下りの多さ。単純に標高差だけでイメージしていると、かなりダメージを喰らうと思う。かくいうKONKONもへとへとになって、山頂にたどり着いた。この頃にはすっかりガスの中になってしまい、中央アルプスでも屈指といわれる展望を楽しむことは出来なかった。山頂近くのお花畑は、千畳敷にくらべると植物が生き生きしているように思う。季節が一週間ぐらい遅いのかもしれない。20090808d_2
山頂で弁当を食べて、来た道を戻る。普通なら、あとは下りなんだけど、ここはとても下りとはいえない。下りて登っての繰り返し。最後の岩峰(三ノ沢岳分岐からいえば最初の岩峰)までの登りはかなり堪えた。途中、雷鳴が聞こえたのにはびびったが、急ぐだけの体力は残っていない。一歩一歩を確実に足を進めるだけである。
20090808e三ノ沢岳分岐までたどりつけばあとは本当に下りである。極楽平を経由して千畳敷まで戻り、ロープウェイの整理券を受け取った。2時間以上待ちだそうだ。ロープウェイの駅のまわりは観光客でごった返していて、とても休めるスペースはない。ザックだけ置いて剣ヶ池まで下り、そこのベンチでぐったりとして過ごす。天気は曇り。宝剣岳がはっきり見え、目をこらすと山頂付近にひとが動くのがわかる。宝剣岳を越えられさえすれば、こんなに疲れなかっただろうになあと思うが、怖いもんは怖い。
順番になってロープウェイ、バスと乗り継ぎ、菅の平に戻る。バスで下りる途中で雨が降り出し、駒ヶ根高原一帯は雨の中だった。早太郎温泉こまくさの湯に浸かって、気力を取り戻してから帰路についた。
参考までにコースタイム。休憩時間、宝剣岳偵察は含まない。
頂上木曽小屋-(10分)-駒ヶ岳山頂-(60分)-中岳巻道分岐(下側)-(20分)-宝剣山荘-(40分)-千畳敷-(35分)-極楽平-(10分)-三ノ沢岳分岐-(105分)-三ノ沢岳-(95分)-三ノ沢岳分岐-(45分)-千畳敷

|

« 2009年8月7日 木曽駒ヶ岳(2,956m) | トップページ | 今日は宴会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年8月8日 三ノ沢岳(2,847m):

« 2009年8月7日 木曽駒ヶ岳(2,956m) | トップページ | 今日は宴会 »