« 大雪山系の遭難事故で思ったこと | トップページ | DR-Zで八ヶ岳 »

成田良悟「デュラララ!! X6」

平和島静雄すげー、で終わったと思ったら、こう閉めてきたか。メインの話としては、帝人の変貌(成長とはいわないよね、さすがに)だと思うんだけど、そっちの話はあんまり記憶に残らない。粟楠会の存在感が大きくなったこととあわせて考えると、もしかして、6巻にしてようやくプロローグ終了ってことか~。みたいな別の驚きもあったりするのだが、とりあえず帝人のまわりの話はあまり印象的ではない。セルティーがますます普通の女の子っぽくなってきたなあとか、今度はシューターの萌えキャラ化に挑戦かとか変なところには引っかかっているんだけどね。読み方、間違ってるんかなあ。

|

« 大雪山系の遭難事故で思ったこと | トップページ | DR-Zで八ヶ岳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田良悟「デュラララ!! X6」:

« 大雪山系の遭難事故で思ったこと | トップページ | DR-Zで八ヶ岳 »