« 成田良悟「デュラララ!! X6」 | トップページ | 2009年7月20日 硫黄岳(2,760m) »

DR-Zで八ヶ岳

DR-Z400Sを買った理由のひとつは、高速道路を使って登山口まで乗っていけるということだった。具体的には八ヶ岳の唐沢鉱泉とか桜平のように、ダートを走らないと登山口にたどりつけないようなところにも、楽に行けるのが欲しいなあと思っていたのだ。DR-Zを手に入れたのはいいものの、家の事情でなかなか山登りにも行けなかったのだが、今日は家のことはうっちゃっておいて、硫黄岳に登りに行った。山のことは明日にでも書くこととして、今日は、初めて想定どおりの使い方をしたDR-Zのことを少し書いておきたい。
高速道路はETCを付けたばかりの時にも走っているが、あの頃よりもパワーが出てきたように感じる。シートは相変わらず痛いが、DJEBELにくらべてさして悪くなっているという感じでもなく、これなら長距離の高速道路ツーリングもなんとかなるかなと思う。風圧を受けやすいので、その点は注意が必要。今日の帰りは渋滞に巻き込まれたんだけど、この時期は股が意外と熱くなる。こんな風通しのよさそうなマシンでこうなんだから、カウル付きの大型バイクはもっと熱いんだろうなあ。
20090720z硫黄岳の登山口である桜平までは6キロのダートを走る。ギャップが結構あるので、普通の乗用車だとよほど注意深く走らないと腹をこするのは避けられない。こういうところはDR-Zだと楽。たぶんクルマで来た時よりも半分以下の時間で桜平に到着。しかも、ちょっとしたスペースがあれば停められるから、出遅れても登山口のすぐ近くに置いておける。登山とDR-Zとの相性はなかなかいい。ただ、ETCを盗られるんじゃないかってのが心配。あんなの持って山に登りたくないからなあ。何かうまい手を考えないとなあ。
ちなみに今日の走行距離は481km。道に迷って麦草峠方面にいっちゃったというのもあるけれど、それにしても山登りすること考えたら走り過ぎ。帰り道でわりと真剣に後悔した。燃費は通しで28km/lといったところ。帰りの区間はほとんどが下りということもあってか、33.4km/lを記録した。DJEBELは30km/l超えることなかったのに。

|

« 成田良悟「デュラララ!! X6」 | トップページ | 2009年7月20日 硫黄岳(2,760m) »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DR-Zで八ヶ岳:

« 成田良悟「デュラララ!! X6」 | トップページ | 2009年7月20日 硫黄岳(2,760m) »