« 井上堅二「バカとテストと召喚獣 6」 | トップページ | 藍上陸「アキカン! 8缶めっ」 »

阿智太郎「魔界ヨメ! 第3巻 堕ちた学園」

魔界ヨメが学校に通うといい出して、良夫は何とか思いとどまらせようとしたものの、当然そんなものが通じる相手ではない。学校に通い出した魔界ヨメがどんな騒動を引き起こすのか。という話。それ以上でもそれ未満でもないんだけど、こういうありふれたネタを扱わせると阿智太郎はうまい。っていうか、そういうのしか書かないひとだけどね。今回もまず、魔界No.1催眠術師を登場させて、魔界ヨメがやったことを催眠術でみんな忘れさせてしまう、というわりと穏当な手段から始まって、それをうまいぐあいにエスカレートさせて、オチに持ち込んでいる。いつもだと飽きるだろうけど、たまに読むと、ホントのんびりできていいなあ。小説の感想として、のんびりできる、っていうのもどうかと思うけど。

|

« 井上堅二「バカとテストと召喚獣 6」 | トップページ | 藍上陸「アキカン! 8缶めっ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿智太郎「魔界ヨメ! 第3巻 堕ちた学園」:

« 井上堅二「バカとテストと召喚獣 6」 | トップページ | 藍上陸「アキカン! 8缶めっ」 »