« 南房秀久「ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻2」 | トップページ | またハードディスク壊れたかも »

RX-8のオイル交換

RX-8にはほとんど乗っていないものの、車検から1年を経過したのでさすがにオイルくらい交換しておいた方がいいだろうと、ネットで少し調べた。中にはエンジンカバーを付け忘れられたなんて話もあって、やっぱりディーラで換えてもらった方がいいのかなあと思ったりもした。そんな中で気になったのが、マツダ純正のRENESIS専用オイル、シンセレネシス。へえー、専用のオイルあるんだー、ってのにも驚いたけれど、それよりも気になったのはこの一文。「RENESISではカーボンデポジットの生成によるガスシール性能の悪化が懸念されるため、これまで合成油の使用を推奨していませんでした。」ってことはつまり、普通にいいオイルにしとこうと思って、100%化学合成油なんか入れたらアウト、ってことか。知らなかった。
で、とりあえずドンキホーテに行って「RX-8なんだけど」って、オイルの銘柄を聞いてみたら、やっぱり合成油を勧められた。普通そう思うよなあ~。シンセレネシスは置いてなかったので、ドンキはパスしてディーラに。ここではまず、SMグレードのマツダ純正オイルを勧められた。シンセレネシスについて聞いてみたが、存在自体を知らなかった。ディーラでもそんなもんかと思ったら熱が冷めた。値段も倍くらいになるので、もう純正のSMグレードでいいやという気になったが、いろいろ聞いたら調べてくれたので、話だけは聞いておいた。マツダ純正としては合成油もあるけれど、シンセレネシス以外はレシプロ専用としているらしい。やはり、ロータリーエンジンに合成油っていうのは鬼門だということか。結局、鉱物油の純正SMグレードを入れてもらって帰った。当然、ドンキより高いけれど、いろいろ調べてもらえたのでよし。シンセレネシスは、お金に余裕がある時にでも入れよう。

|

« 南房秀久「ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻2」 | トップページ | またハードディスク壊れたかも »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RX-8のオイル交換:

« 南房秀久「ストライクウィッチーズ 乙女ノ巻2」 | トップページ | またハードディスク壊れたかも »